コア抜き用天端目印


施工方法

特長

  • デッキスラブの床スリーブをコア抜きで施工する際の目印です。
  • ポイント部が中心についており、コア抜き施工に最適です。
  • 弾性構造のため、外圧に対して復元します。
  • タイプはPL付と接着型があり、豊富なバリエーションをご用意しております。
  • ポイント部の色変更は可能です。

仕様・ラインアップ

【天端ポイントPL付 ポリ式

サイズ

伸縮範囲(H)

入数
H120 100~130 100
H150 130~170 オレンジ 100
H180 160~200 100

【天端ポイント接着型 ポリ式】

サイズ

伸縮範囲(H)

入数
H120 100~130 100
H150 130~170 オレンジ 100
H180 160~200 100
H200 180~220 100
H240 220~260 100
H280

260~300

100
プレート寸法 35×60
ビス穴  5φ×4

△PL付・接着型共通です。